五月生まれの弥生の空

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害時の避難場所は?

date★2010.05.30(Sun) category★未分類
先週、講演会に参加した時に、講師に訊かれた。


「災害時に、自分の地域の避難場所は皆さんわかっていますか?」・・と。

         殆どの人が「は~い」と手を挙げた。

         私も「は~い」と手を挙げた。

  「じゃぁ、第二避難所がわかっている人は?」

         ・・・5人くらいの人が手を挙げたらしい。

私も第二避難場所は知らなかった今も知らない



阪神淡路大震災の時。

 私が住んでいる所も、かなり揺れたので「場所はどこ?」と

    テレビをつけたらば

なんとなんと大切な友達が住んでいる長田の町が燃えてるじゃないか

 心配で心配で、ただただ心配してオロオロするだけだった

 友達の連絡先は自宅しかわからない。

当時は携帯電話も持っていなかった。

 何日も音信がないから

      (まさか・・・

      (いやいやそんな事はない)と

 半泣き状態で何日か過ごした。

 そして何日目だったか・・・急に思いだした

 友達が出産して、実家に帰っていた時に

   大阪の実家の電話番号を、聴いてメモっていた事を。

 探した探した何に書いたっけ???

 そのメモった物を見つけた時は、泣いた

 すぐに電話して、お母さんと話をして無事だとわかり、また泣いた


連絡が取れたから、救われた。



でも、これが、連絡の取りようがなかったら?

もし、入院していたら?

      重体で意識不明だったら?

そして、もし、友達が亡くなっていたら?

私は、友達がどうなったのか知らないまま・・・

悲しみの中にいたはず・・・

考えただけでも恐ろしい。悲しい。



避難場所じゃないけど・・・

    本人だけの連絡先だけではなく

    もしもの時の (もしもの時なんてあったらイヤだけど)

    安否を尋ねる場所は知りたいと思った。

    本人と連絡が取れないままだったら・・・

         ず~~~~~~~~~~~っと泣いてる。









 

スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。