五月生まれの弥生の空

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視点を変える。

date★2012.02.08(Wed) category★未分類
娘、16歳。
歯が痛くて鎮痛剤を飲み続け、歯科医院の午前の予約がやっと取れた。
午前中、学校を休んで歯医者に行く。
これは・・・学校の先生の立場からしたらダメな事なのだろう。

以前、予約した日をすっぽかし治療途中だから、また歯が痛くなる。
ほったらかしにしてるから本人が悪い。
そして、今度は平日に予約する、それも学校のある日に・・・

学校に「遅刻します」と連絡するのは、私。
「休みます」「遅刻します」・・・本当にイヤになる。

責任のない、考えのない娘の行動に腹が立つ。

ひとつ小言を言うと、次から次へと言いたくもない言葉が飛び出してくる・・・

そして、今日のことだけではなく、以前のことまで掘りだして。

延々と小言が続く・・・

そんなことが何回か繰り返される。


歯医者の治療が終わってから学校まで送ることにした。
なるべく早く学校に送り届けたかったから。
それは、なぜか?
先生から電話がかかって来るのがイヤだから。

が・・・

歯科医に向かっている時に、フッと思った。

遅刻したら学校の先生は・・・何が困るのか?

娘は?
娘にとったら、遅刻するのと歯医者に行くのではどっちが良いのか?

歯医者に行って歯が痛いのが治まる方が良い。

休んだり、遅刻したら大学に行けないのか?
そんなことは無い。
実力があれば、どこだって行ける。
やる気があれば、何だってやれる。
娘の実力に合った大学もあれば、行きたい大学もあるはず。

出席日数や欠席日数、遅刻の回数・・・
それが、生きていくのにどれだけ重要なのだろう?

私が娘に望むことは・・・何か?


元気に生きていてくれること。

自分の体を大事にしてくれること。

可愛い笑顔で笑い声を聞かせてくれること。


学校の先生の目線で娘を見るから、腹立たしいのだ。

親の目線と言うか・・・娘を大切に思う気持ちで考えたら
「なんや~、そんなに怒らなくてもいいことや」と思った。


だから、学校へ向かう車の中で言った。

「行きたい大学があれば自力で頑張りなさい」
「英語が好きなら、英語だけはクラスで1番になりなさい」


どう言葉にしたらいいのか?
まだはっきりとは分からないのだけど。
何となく・・・何となく・・・
娘の突拍子もない行動に振り回されても
もう怒ったりしないと思う。











スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。